統合失調症の天才数学者ジョン・ナッシュを知っていますか?

統合失調症の天才数学者ジョン・ナッシュとは何者か??

スポンサードサーチ

統合失調症とは

統合失調症(とうごうしっちょうしょう)またはスキゾフレニア(英語: Schizophrenia、フランス語: Schizophrénie、ドイツ語: Schizophrenie、SZ)とは、思考、知覚、感情、言語、自己の感覚、および行動における他者との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つ。一般的には幻聴、幻覚、異常行動などを伴うが、罹患者によって症状のスペクトラムも多様である。エミール・クレペリン、オイゲン・ブロイラー、クルト・シュナイダーが共通して挙げている当該疾患の特徴的で頻発の症状は「思考途絶(連合障害)」と「思考化声(自生思考)」である。日本では2002年(平成14年)まで、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼ばれていた。
有病者数は世界で2,100万人(男性1,200万人、女性900万人)ほどで、患者は一般人口より死亡率が2.0 – 2.5倍ほど高い。成人の年間有病率は0.1 – 7.5%、生涯有病率は0.1 – 1.8%と世界保健機関は報告している。世界の障害調整生命年(DALY)のうち約1%を占める。日本では71万3千人の患者がいると推計されている。

 引用文献 https://ja.wikipedia.org/wiki/統合失調症 Wikipedia 統合失調症

天才数学者ジョン・ナッシュとは何者か?

ジョン・ナッシュはアメリカ合衆国ウェストバージニア州で生まれ本名、ジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニア(1928/6/13~2015/5/23)といいます。電気技術者の父と英語とラテン語の教師をしている母の間に生まれました。子供の頃の性格は一人で考えて行動する事が多かったそうです。

ジョンナッシュの偉業

数学者として、ゲーム理論・微分幾何学・偏微分方程式で著名な業績を残しており、ゲーム理論の経済学への応用に関する貢献により1994年にラインハルト・ゼルテン、ジョン・ハーサニと共にノーベル経済学賞を受賞した。2015年には非線形偏微分方程式論とその幾何解析への応用に関する貢献によりルイス・ニーレンバーグと共にアーベル賞を受賞した。

ジョン・ナッシュと統合失調症

ジョン・ナッシュの統合失調症の症状は、はじめは不安や恐怖の影響を受けて他人から常に批判を受けているという妄想が主症状だったそうです。特に赤いネクタイをした男性は共産主義的陰謀に巻き込もうとしている者と信じワシントンD.C.の大使館宛に手紙を書いたこともあるそうです。その後、精神病院へ入院し妄想型統合失調症と診断されています。
その後、統合失調症の治療で抗精神病薬とインスリン・ショック療法を受けている。

ジョンナッシュを知るための映画

2001年のアメリカ映画『ビューティーフル・マインド』です。
この映画は、ジョン・ナッシュの半生を描いて映画で天才数学者の偉業と統合失調症の苦悩に苦しむナッシュの人生を描いた作品です。
映画は、アカデミー賞の作品賞・監督賞・助演女優賞・脚色賞を受賞しており、ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)・脚本賞・主演男優賞・助演女優賞を受賞しています。
僕は、この映画を学校の精神の授業で鑑賞しました。その時は、ただのノーベル賞受賞者の半生を描いた映画だと思っていましたが終盤のストーリーで今までの話がすべて覆され驚いた印象がいまだにあります。

まとめ

この映画は、セラピストは一度はせび見てほしい映画になります。統合失調症は自分では抑制が効かずとても苦しい思いをしながら生きている人が多くいらっしゃいます。また、その家族も統合失調症の辛さを理解して寄り添っていく事はとても辛くて苦しいことです。そんな大変な事をこの映画を見て少しでも理解してもられると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました