リハビリに必要な能力 ランキングTOP3

リハビリ必要な能力ランキング

スポンサードサーチ

必要な能力の基準は??

セラピストとして病院や施設で勤務する当たり、必要不可欠な能力がいくつかあります。今回のランキングでの能力基準としては、患者に対しての基準と病院に勤務しているスタッフとしての基準も混合してランキング付けをしています。

ランキングTOP3

第1位 治療や評価の技術
第2位 コミュニケーション能力
第3位 雑務や書類業務の処理能力
となります。第1位は患者にとっても重要な能力です。第2位は患者にも病院スタッフとしても人間関係を構築するのに必要な能力です。第3位は仕事を早く終わることで自分の時間にゆとりが出来るため必要な能力です。

なぜ必要なのか

なぜ??第1位治療評価の技術が高い必要があるのか?

・患者が早く治癒するためセラピストの価値が高まり、周囲の人や患者に尊敬されることが多いです。
・適当な事務作業や自己中心的な行動を取っても文句を言われる事がすくない場合がある。
・転職や勉強会の開催もしやすく高給取りになりやすいです。

なぜ??コミュニケーション能力が必要なのか?

・患者の信頼も得られやすく、治療が進みやすい
・周りのスタッフと仲良くなるため、先輩や上司から可愛がってもらえる・異性にもてる・同性に好かれる。
・人間関係が友好になり、仕事が円滑に進みやすくなる。
・仕事を手伝ってもらいやすくなる。

なぜ??雑務や書類業務などの処理能力の高さが必要なのか?

・定時で帰れるため自分の時間や大切な人との時間を大事にできる。
・周り人のサポートができるため、周囲の人に信頼され尊敬される。
・仕事を貰いやすくなるため、出世しやすい。

まとめ

リハビリに必要な能力は、人によって違うと思いますが治療評価技術は勉強会や実務経験などを一生懸命行えば身につく能力だと思います。コミュニケーションでは、本当はシャイな人もいると思います。なので自分にあったコミュニケーション方法を獲得し周りに合わせるのではなく、周りが自分に合わせるようなコミュニケーション能力を身に着けるといいと思います。雑務や書類業務の速度では、実務経験の長さでも向上しますし自分でやる事リストやスケジュール管理を行うと仕事が早く失敗が少なくなると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました