4つの負の感情が精神病の原因になる

4つの負の感情が精神病の原因になる

スポンサードサーチ

今の世界は負の感情が渦巻いている

2020年の世の中は、新型コロナウイルスの影響により多くの人々が苦しみ死んでいっています。会社の倒産・解雇・休校・スポーツの中止・差別的な言動・他県から来た人に対してのいたずら・身近な人の死など負の状況が渦巻いている世の中では人々もネガティブな思考になっています。
その中で、4つの負の感情は人々を精神的にも肉体的にも人々を追い詰めてきて病気になってしまう事があります。

4つの負の感情とは

1.1自責感
1.2不安感
1.3疲労感
1.4無気力感

1.1自責感

・自分で自分の過ちを責めること。
・自分に責任があると考えること。
・自分のやったことに対して恥だと悔いている気持ち
・「なんでこんなことをしてしまったんだ」という後悔の気持ち
・「こうなってしまったのは全て自分の責任だ」という責任を感じている気持ち
・周りの人や家族がコロナウイルスにかかってしまったのは自分のせいだと責める。

1.2不安感

・心が落ち着かない
・自分の今後の将来が不安になる
・言葉では言い表せない気持ちになる
・孤独感を感じる
・自分の人生はこのままでいいのかと思う
・コロナウイルスにいつ感染するんじゃないかという不安
・仕事がなくなってしまい、これから生活をどうすればいいか分からない

1.3疲労感

・働き過ぎや激しい運動による過労
・不規則な生活による睡眠不足
・ビタミン・ミネラルなど栄養素やエネルギーの不足
・加齢による代謝の低下
・精神的なストレスによる脳の疲労感の蓄積
・コロナウイルス対策や自宅待機が長続きすることによる疲労感
・周りの人の目を気にしての疲労感

1.4無気力感

・ご飯がおいしいと思えない
・人と会う気がしない
・お笑いを見ていても楽しくない
・体が鉛のように重い
・ずっと、家にいるため何もやる気が起きない
・毎日ネガティブなニュースばかりなので何もしたくない

負の感情が引き起こす精神病

・うつ病
・パニック障害
・適応障害
・統合失調症
・認知症
・退却神経症

主に精神病にかかる事が多くなります。周りの環境に馴染めなかったり人の目を余計に気にしてしまいストレスになる。

負の感情を紛らわす方法と対策

・なんでもいいので趣味をみつけて没頭する
・ご飯をたくさん食べて規則正しい生活をしてみる
・読書をしてみる
・カラオケに行き大きな声を出してみる
・お酒を一杯飲む
・好きな人と一緒に過ごす

youtube動画

まとめ

今、世界中でコロナ疲れが増えており周りの目を気にしながら生活しています。特に、県外から来た人に対してや居酒屋やバーを経営している人への差別も増えてきています。そのため、みんなが人の目を気にしていて精神的にも肉体的つかれており精神病になるケースが多くあります。そのため、精神病にならないように気分転換や趣味をしながら精神的ストレスをため込まないように生活することをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました