理学療法士になりやすいタイプの人

理学療法士になりやすいタイプの人はどんな人??

スポンサードサーチ

理学療法士はどんな職業??

理学療法士は、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指す動作の専門家です。
理学療法士の主な仕事場は、病院・クリニック・施設などです。あとは、スポーツトレーナーになってチームや選手と専属契約を結んで活躍しているセラピストもいます。

理学療法士に多いタイプの人

・元々スポーツをしていた人
・スポーツ中にケガをしてセラピストの道を選んだ人
・アクティブな性格の人
・陽キャの人

が多いと思います。

スポーツをしていると、チームトレーナーとしても同行する時やケガをしてリハビリする時も大体が理学療法士が担当することが多くあります。
そのため、スポーツを本格的に行っていると理学療法士と関わる機会が多いと思います。

ちなみに、僕が今まで出会った理学療法士は、みんなスポーツ経験者でアクティブな人が多いイメージがあります。あと、作業療法士に比べてチャラくて陽キャラの人も多いイメージがあります。(笑)

まとめ

理学療法士は、スポーツに関わっている機会が多い人が選択する一つの職業のイメージがあります。しかし、スポーツをしてこなかった人もいますのであくまでの僕のイメージになります。
理学療法士は、素晴らしい職業ですので興味があればぜひ学校見学や職場体験に行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました