作業療法士になりやすいタイプの人

作業療法士になりやすいタイプの人

スポンサードサーチ

作業療法士とは

作業療法士とは、その人がその人らしく生活するするために『作業』を通して治療していく職業です。
作業とは、基本的動作・社会的動作・応用的動作の事をいいます。
作業療法士は理学療法士にくべて女性が多いです。

作業療法士になりやすいタイプ

・手先が器用な人
・モノ作りが好きな人
・文系タイプな人
・人に痛みが分かる人
・どっちかというと陰キャラな人

が多いと思います。

手先が器用でモノ作りが好きな人が多い理由

作業療法士は、リハビリ介入時に患者と一緒に折り紙やモノづくりを通して患者を評価治療する事が多いです。
それは、遊んでいるわけではなく手指の巧緻性トレーニング・構成能力の向上・集中力の強化・メンタル面の改善・成功体験による精神面の安定を目的にしている事があります。

文系タイプ・人の痛みが分かる・陰キャラな人が多い理由

少し個人的な意見が入りますが、僕が見てきた中で作業療法士は文系タイプが多いと思います。それと、いじられキャラの人・イジメられた経験がある人・おとなしいタイプの人が多い印象があります。
 しかし、それはネガティブな印象ではなく僕としてはそういった人の方が人に痛みがわかり患者に寄り添う事ができますし、患者の気持ちや痛みを細かいところまで気が付くことができるため作業療法士としてはとても優秀なセラピストになると思います。

まとめ

現在の作業療法士は、女性セラピストが過半数以上います。そのため、理学療法士に比べて女性社会といえると思います。そのため、男性セラピストは肩身が狭い思いをしている人が多いのではないでしょうか??
 作業療法士は、とても魅力的で可能性が幅広い仕事です。そのため、理学療法士にもない想像力や発想力の豊かな人が多くいます。
なので、もし作業療法士に興味がある方は是非大学や専門学校の入学説明会に行ってみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました