会社を背負う責任の重さを痛感した日

会社の看板を背負っての仕事をする責任の重さを痛感した日の話

スポンサードサーチ

概要

会社で外回りの人って多いですよね。僕も会社の看板を背負って一人で外回りの仕事をしている訪問リハビリスタッフです。訪問リハビリでは、患者の自宅に伺い自宅内でリハビリを提供する事が主な仕事です。介入時間は20分~60分程度です。
 患者宅への移動は車で移動しており、駐車場は患者宅内か道路に駐車許可証という物を警察署で発行してもらって駐車しています。道路に駐車する際には、周りに迷惑のかからないように駐車しているのですが近くの住民の人からしたら邪魔な時があります。その時、たとえ駐車許可証を持っていても近隣住民には関係なく警察などを呼ばれてしまったり、怒鳴られたり病院へクレームを言われる事もあります。
 今回は、患者宅で担当会議をおこなっている最中に患者宅へ直接近隣住民が乗り込んできてクレームがありました。その場で、謝罪し車を移動したのですが病院へ帰った際に上司に呼び出されて怒られてしまいました。
 会社に経緯を説明するとしょうがないと言われましたが、内心ムカつきすぎて帰りに夜中の2時くらいまで飲酒して帰りました。

外回りでよくあるクレーム

外回りをしていると病院にクレームや直接自分へのクレームを言われる事があります。
よく言われる事は、『車が邪魔で家の前に置けない』『コンビニでお昼を毎回食べるな』『家の前で会っても挨拶しない』『見た目や態度が気に入らない』など多くのクレームがあります。
 自分に原因があるものから理不尽な物まで色々な種類のクレームがあります。自分は、会社の看板を背負っているためプライベートなら言い合いをしている所を必死で我慢し謝罪をしているため毎回帰る際にはイライラしています。

毎回、責任の重さで仕事を辞めたくなる

外回りでのクレームは院内でのクレームに比べて理不尽な物が多く月に何回もある時があります。なので、精神的にも追い詰められてしまう事が多々あります。そんな時、仕事辞めたくなってしまう事があります。
 やはり、接客業や病院関係の方で第三者を相手にしている人はストレスもたまりやすく心を病んでしまう事が多くあります。そんな時僕がやっているストレスの発散法をいくつか紹介します。

僕のストレス発散法

1.お酒を浴びるほど飲む
2.好きな人と一緒に過ごす
3.好きな物を好きなだけ食べる
4.アツアツのお風呂に入る
5.カラオケで叫ぶ
6.筋力トレーニングをする
7.スポーツで汗を流す
です。その日の気分で何をチョイスするのかは分かりませんがその都度全力でストレス発散をしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました