スポンサーリンク

今更聞けない。コロナワクチンの種類

スポンサーリンク

今更聞けない。コロナウイルスワクチンの種類を開設

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

コロナワクチンの種類

・モデルナ(アメリカ)
・ファイザー(アメリカ)
・ジョンソンエンドジョンソン(アメリカ)
・ノババックス(アメリカ)
・アストラゼネカ(イギリス)
・サノファ社(フランス)

がありますが、実際日本で摂取される。ワクチンはモデルナ・アストラゼネカ・ファイザーになります。

日本で摂取されるワクチンの説明

ファイザー

・会社名
ファイザー社(米)
・ワクチンの種類
mRNAワクチン
・接種方法
筋肉注射で2回目の接種を受ける必要があります。
・特記事項
日本国内でも承認され、政府は年内に7200万人分の供給を受ける契約を結んでいます。
2月中旬から医療従事者を対象にした先行接種が始まっています。

モデルナ

会社名
モデルナ社(米)
ワクチンの種類
mRNAワクチン
摂取方法
筋肉注射で2回目の接種を受ける必要があります。
特記事項
マイナス25度からマイナス15度の冷凍庫で保管が必要。
医療機関では2度から8度の冷蔵庫で30日間保管できるということです。
日本政府はことし9月までに2500万人分の供給を受ける契約を結んでいます。

アストラゼネカ

会社名
アストラゼネカ社オックスフォード大(英)の合同開発
ワクチンの種類
ウイルスベクターワクチン
摂取方法
筋肉注射で2回目の接種を受ける必要があります。
特記事項
日本政府との間で6000万人分のワクチンを供給する契約を結んでいて、厚生労働省が承認すれば国内の製造拠点から4000万人分以上が供給される見通し。

まとめ

現在は、多くの国がコロナワクチンの開発に取り組んでいるため数年では多くのワクチンが開発されると思います。日本でも早く純国産のワクチンが開発されてほしいですね。

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
gonioをフォローする
スポンサーリンク
今日のリハビリニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました