リハビリ業界でマルチ商法などの詐欺が流行っている??

リハビリ業界ではネズミ講などのマルチ商法が横行している

スポンサードサーチ

マルチ商法とは

会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。正式名称は連鎖販売取引で、その通称である。表向き合法であるマルチ商法を謳う組織でも、違法となるネズミ講と判断された事例も多いといわれています。

リハビリ業界にはどんなマルチ商法が多いのか

・サプリなどの健康食品系
・絶対治るなどの治療技術の提供
・商品を売って、その紹介すると紹介料を貰えるなどの詐欺
など、色々な種類のマルチ商法がありますが、多くは医療機器や医療商品の販売や紹介が多いと思います。

どうやってマルチ商法へ勧誘されるのか

1.1 SNSなどのオンラインサイト
1.2 同じ職場のスタッフの紹介
1.3 講演会などでの勧誘
などが一般的です

1.1SNSなどのオンラインサイト

現在は、Twitter・Facebook・インスタグラム・youtube・ニコニコ動画・ブログなどのインターネットサイトが多くあります。そのサイトでは、誰かとコミュニケーションを取る機会が多くあります。そのため、自分の身分を隠しながら簡単にお金が儲かるなどの甘い話がインターネットなどのサイトには多く存在していますので注意してください。

1.2同じ職場のスタッフからの紹介

マルチ商法に引っかかってしまう人の多くは、知人・友人・職場の人の紹介が多いといわれています。そういった人は、自分が儲かるために知り合いを勧誘して仲間を増やそうと考えていることが多くありますので注意していください。

1.3講演会などの勧誘

リハビリ職なら一度は勉強会や講演会には参加したことがあると思います。そのため、勉強会や講演会などに参加している時に参加者から『この人が成功したのは、秘密があるんだよ』・『有名な先生にあってみない』・『リハビリだけでは将来不安でしょ??この方法ならリハビリ以外でも稼げるよ』などと言葉巧みに声をかけてきますのでちゅういしましょう

リハビリ業界ではどういった対策をとっているのか

「ネットワークビジネス(マルチ商法)に関する注意喚起」
最近、各地で「理学療法士は将来的に収入の増加が見込めない」等の発言で不安を煽り、ネットワークビジネス(マルチ商法)へ勧誘されるとの苦情が出ております。
ネットワークビジネス(マルチ商法)は、商品やサービスを販売するもので、それ自体は違法ではありませんが、顧客となった人が新たな顧客を勧誘することで販路をピラミッド式に拡大していく手法を取っています。その取引販売する商品は多岐にわたり、自己啓発セミナーの形式をとるものや、研修会とリンクして物品販売を行うものもあります。
個人での商品購入や自己啓発セミナー等への参加は何ら法的な問題はありませんが、本会としては、以下の点に十分注意していただくようお願いいたします。
新規顧客の勧誘において、強引なやり方が職場内での職員間のトラブルや患者様・利用者様にご迷惑となる危険性も孕んでおり、理学療法士の信用問題にもなりかねません。
場合によっては、法に抵触することもあります。
会員諸氏が所属する職場組織の就業規程等に抵触する恐れもあり、処分を受ける対象になる可能性も考えられます。
社会人として、良識ある判断と行動をお願いいたします。
引用元:公益社団法人日本理学療法士協会HP「ネットワークビジネス(マルチ商法)に関する注意喚起」http://www.japanpt.or.jp/info/20180309_01.html

が記載されており、理学療法士協会でも注意喚起を促しています。

実際に身近であった話

僕の職場の同期が大学の同窓会に参加した際に、学校の同級生からマルチ商法の勧誘をされたそうです。僕の同期はその誘いを怪しいを思い勧誘を断ったそうです。その後、その同期の同級生は他の同級生にも勧誘を行っており、さらには自分の患者にまでマルチ商法の勧誘をした事が職場にバレてしまい警察沙汰になってしまったそうです。その後、職場は解雇にはならなかったらしいですが、周りからは冷たい視線を浴び友人や恋人はいなくなってしまったそうです。さらに、患者から訴訟を起こさせ慰謝料請求をされているようです。
こういった事も実際にあった話ですので、マルチ商法の勧誘には注意しましょう。

まとめ

リハビリ業界では、人と関わる機会が多くあるためマルチ商法などの詐欺紛いの勧誘が多くあります。そのため、自分自身が詐欺行為に巻き込まれないような知識を身につけなければいけません。リハビリ職は給料が安いため将来に不安を抱える人が多くいる事は分かっていますが、マルチ商法をするにしても他人を巻き込まないようにしてほしいと僕は思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました