アルツハイマー病を改善する3つの習慣

治療法

アルツハイマー病を改善する3つの習慣を紹介

ビルドメイク24

スポンサードサーチ

アルツハイマー病とは

アルツハイマー病は認知症の原因の一つで、記憶力や思考力が慢性的かつ不可逆的に低下していく症状です。MRIまたはCTにより脳の萎縮が見られることがあります。
病的な特徴といえば
・老人班の出現
・神経原線維変化
・神経細胞の脱落

があげられます。
上記の特徴を出現させる原因は、アミロイドβ蛋白の増殖による脳神経細胞の破壊が原因とされています。

アルツハイマー病と改善される3つの習慣

1.1 起床時間を一定にして朝日を浴びる習慣をつける
1.2 掃除をこまめに行う習慣をつける
1.3 発酵食品を毎日摂取する習慣をつける

1.1起床時間を一定にし朝日を浴びる

アルツハイマー病になると夜間不眠や一日の生活リズムの乱れがあり、脳内の神経物質の乱れが生じやすくなってきます。そのため、起床時間を一定にしましょう。そして、朝日を浴びましょう。
朝日を浴びる事で体内で生成させるビタミンDを脳内に取り組むことで脳内の神経物質を安定させることができます。
なので、朝起きる時間を一定に朝起きてカーテンを開け太陽を3分以上浴びる事を心掛けるようにしましょう。

1.2掃除をこまめに行う

実際にあったアメリカの一例でアルツハイマー病になる患者のMRI・CTを取った際に脳にカビが生えていたそうです。
日本は、湿度が高く木造の自宅が多いためカビが発生しやすい国でもあるため、自宅のカビを吸ってしまい脳にカビが生えてしまう可能性があるのです。
そのため、自宅の掃除をこまめに行いカビが生えない環境作りをする事でアルツハイマー病を予防していきましょう。
また、掃除をする事で運動習慣を作ることができますので身体機能強化にも効果的です。

1.3食事で発酵食品を摂取するようにする

一日で3回食事をとる際に発酵食品を積極的に摂取するようにしましょう。発酵食品を摂取することで、腸内環境を整える効果があります。腸内環境を整えると内蔵機能の安定・ホルモンバランスの安定・精神面の安定がみられます。体の中を安定することで脳の神経物質が安定してくるためアルツハイマー病の予防にも効果的です。
オススメの発酵食品は、味噌・醤油・納豆・キムチです。

まとめ

アルツハイマー病は、進行性の病気であるため病気の予防が最も重要になってきます。アルツハイマー病の治療は服薬もありますが、服薬では改善できない事が多くあります。そのため、服薬治療と日常生活での生活改善がアルツハイマー病の治療に最も効果があります。

オススメ書籍を紹介

最後にアルツハイマー病にオススメの書籍を紹介していきます

この書籍は、医療関係者やアルツハイマー病に悩んでいる人やその家族にも読んでほしい書籍になっていますので一度読んでみてください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました