脳卒中リハビリ 評価項目の紹介

脳卒中患者のリハビリ評価項目を紹介していきます

スポンサードサーチ

脳卒中とはなにか?

脳卒中とは、脳の血管が循環障害を起こして意識障害や運動障害を起こしてしまう病気です。脳卒中の多くは、前触れもなくいきなり発症します。
※一般的には脳卒中ですが、脳血管障害cerebrovasular accident(CVA)ともいわれます。

脳卒中の種類

脳卒中の種類は脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・その他があります。その中で今回は、脳出血・脳梗塞・くも膜下出血について紹介していきます。

脳出血

脳の中の出血ことを言います。
原因としては過食・運動不足・塩分過多・飲酒多量による高血圧によって引き起こされると考えられています。
出血部位としては、被殻出血40%・視床出血30%・脳幹出血10%・小脳出血10%・皮質下出血10%と言われています。
症状としては、片麻痺・四肢麻痺・運動失調・感覚障害・眼球障害・失語・失認・失行・頭痛・めまい・嘔吐・呼吸障害などの症状がみられます。

脳梗塞

脳の動脈硬化により血管の閉塞や狭窄により発症すると考えられています。
原因としては、喫煙・飲酒・脂質異常症・高血圧・糖尿病が原因と考えられています。
梗塞部位としては、アテローム血栓性脳梗塞34%・心原性脳塞栓症27%・ラクナ梗塞32%が主な梗塞部位と言われています。
症状としては、片麻痺・感覚障害・構音障害・失語・失認・意識障害などの症状がみられます。

くも膜下出血

脳表面の血管病変の破綻によってくも膜下腔へ出血が生じる事で起きる出血と言われています。
原因としては、主な原因としてはわかっていませんが高血圧・喫煙・飲酒が原因とも考えられています。
出血としては、脳動脈瘤80%・脳動脈奇形5~10%・その他(もやもや病)10%と言われています。
症状としては、突如の激しい頭痛・嘔吐がみられバットで後頭部を殴られて様な痛みを感じると言われています。

ビルドメイク24

脳卒中の一般的な治療と評価

CT・MRI・脳血管造影検査があります。
それにとより、脳卒中の種別を行っていくことが多いです。

脳卒中患者に必要なリハビリ評価

・バイタルサイン:体温・血圧・脈拍・呼吸数
・意識レベルの評価:JCS(3-3-9方式)
・浮腫
・疼痛
・身体測定:身長・体重・四肢の長さ・筋肉の周径
・関節可動域ROM
・MMT
・ブルンストロームステージ(Br-stage)
・感覚評価:表在・深部・位置覚・温冷覚・痛覚・視覚・聴覚

・バランス検査
・腱反射:病的反射・原始反射
・高次脳機能評価:失行・失認・注意障害・半側空間無視評価
・脳卒中機能評価法(SIAS)
・Fugl-Meyer Assessment(FMA)
・Chedoke-McMaster Stroke Assessment
・コース立方体組み合わせテスト
・STEF
・Rey図形模写テスト

まとめ

脳卒中においてリハビリ評価はもっとも重要になってきます。特に赤太字の評価項目は必ず行うべき評価項目となっています。
治療を行う上でも定期的に評価を行っていくことで病気の改善レベルを評価する事もできます。
急性期や回復期などでの評価を定期的に行うことで患者さんに自分の身体機能レベルを理解してもらいこともできるため、治療をしながら評価していくことが必要となってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました